古語:

斜めならずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 斜めならずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ななめ-なら-・ず 【斜めならず】

分類連語


「なのめならず」に同じ。


出典源平盛衰記 三四


「木曾義仲(きそよしなか)、都にて狼藉(らうぜき)ななめならず」


[訳] 木曾義仲は、都での乱暴が並みひととおりでなく。



なのめなら-・ず 【斜めならず】

分類連語


並ひととおりでない。格別だ。「ななめならず」とも。


出典源氏物語 柏木


「公(おほやけ)私(わたくし)の事に触れつつ、なのめならず思ひのぼりしかど」


[訳] 公私のことに関与しながら、並ひととおりでなく高望みをしたけれども。


なりたち

形容動詞「なのめなり」の未然形+打消の助動詞「ず」








斜めならずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

斜めならずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




斜めならずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS