古語:

日記の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

に-き 【日記】

名詞

「にっき」に同じ。


出典土佐日記 一二・二一


「男もすなるにきといふものを、女もしてみむとてするなり」


[訳] 男も書くという日記というものを、女(の私)も書いてみようと思って書くのである。◆「にっき」の促音「っ」が表記されない形。



にっ-き 【日記】

名詞

日々の出来事や感想などを記録したもの。平安時代の仮名表記では、促音を表す文字がなかったため、「にき」という形がふつう。


参考

主に変体漢文で書かれた男性の手になる公的な日記と、主に和文で書かれた、多くは女性の手になる私的な日記の二種に分けて考えられる。後者は、内面的な描写が行われ、文学的価値をもつものが多く、「日記文学」としてとり上げられる。⇒日記文学(につきぶんがく)


分類文芸









日記のページへのリンク
「日記」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

日記のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




日記のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS