古語:

早くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はやく 【早く】

副詞

すでに。とっくに。


出典徒然草 一三七


「花見にまかれりけるに、はやく散り過ぎにければ」


[訳] 花見に参りましたところ、すでに(花は)散ってしまっていたので。


以前。昔。かつて。


出典古今集 夏・詞書


「はやく住みける所にて、ほととぎすの鳴きけるを聞きて詠める」


[訳] 以前に住んでいた所で、ほととぎすが鳴いたのを聞いて詠んだ(歌)。


〔下に助動詞「けり」を伴って〕驚いたことには。なんとまあ。なんと。実は。


出典枕草子 ねたきもの


「針を引き抜きつれば、はやく尻を結ばざりけり」


[訳] 針を引き抜いたところ、なんとまあ(糸の)端を結んでいなかったのだった。


もともと。元来。


出典徒然草 五〇


「はやく跡なきことにはあらざめりとて」


[訳] (うわさは)もともと根拠のないことではないようだと思って。


注意

形容詞「早し」の連用形「早く」もあるので、気をつけること。









早くのページへのリンク
「早く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

早くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




早くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2014 Printed in Japan

©2014 Weblio RSS