古語:

是非も知らずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 是非も知らずの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぜひ-も-しら-ず 【是非も知らず】

分類連語


〔副詞的に用いて〕夢中になって。何もかまわず。


出典宇治拾遺 一・一六


「尼、見るままにぜひもしらず臥(ふ)しまろびて」


[訳] 尼は、見るとすぐに夢中になって体を地に投げ出して転げまわって。


なりたち

名詞「ぜひ」+係助詞「も」+動詞「しる」の未然形+打消の助動詞「ず」の連用形








是非も知らずのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

是非も知らずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




是非も知らずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS