古語:

更くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ・く 【更く】

自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


時がたち、季節が深まる。たけなわになる。


出典新古今集 秋下


「秋ふけぬ鳴けや霜夜のきりぎりす」


[訳] 秋がたけなわになった。鳴きなさい。霜の(降る)夜のこおろぎよ。


更ける。夜が深くなる。


出典源氏物語 桐壺


「月のおもしろきに、夜ふくるまで遊びをぞし給(たま)ふなる」


[訳] 月が美しいので、夜が更けるまで音楽の催しをなさっているようだ。


年をとる。老いる。


出典拾遺集 雑上


「わが世のいたくふけにけるかな」


[訳] 私はひどく年をとってしまったことよ。








更くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

更くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




更くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS