古語:

望粥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もち-がゆ 【望粥】

名詞

正月十五日の上元の節句に食べる粥。米・粟(あわ)・黍(きび)・小豆・胡麻(ごま)などの七種の穀類を煮たもので、一年中の邪気を払うという。[季語] 春。









望粥のページへのリンク
「望粥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

望粥のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




望粥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS