古語:

末摘花の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

末摘花

⇒末摘花(すゑつむはな)



すゑつむ-はな 【末摘花】

名詞

草花の名。べにばなの別名。花を紅色の染料にする。


参考

(1)べにばなは、茎の先端(=末)に花がつき、それを摘み取ることから「末摘花」という。(2)『源氏物語』に「末摘花」の巻があるが、これはこの巻の主人公である女性が、べにばなのような赤い大きな鼻の持ち主であることによる。



末摘花

分類人名


『源氏物語』の作中人物。常陸宮(ひたちのみや)の娘。鼻が長く先が赤い醜女(しこめ)として描かれている。古風だが誠実な人柄で、のちに二条東院の御所に迎えられる。









末摘花のページへのリンク
「末摘花」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

末摘花のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




末摘花のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS