古語:

東海道の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

とうかい-だう 【東海道】

名詞

「五畿七道(ごきしちだう)」の一つ。畿内(きない)の東の、伊賀(いが)・伊勢(いせ)・志摩(三重県)、尾張(おわり)・三河(愛知県)、遠江(とおとおみ)・駿河(するが)・伊豆(いず)(静岡県)、甲斐(かい)(山梨県)、相模(さがみ)(神奈川県)、安房(あわ)・上総(かずさ)(千葉県)、下総(しもうさ)(千葉県・茨城県)、常陸(ひたち)(茨城県)の十四か国と、武蔵(むさし)(東京都・埼玉県・神奈川県)を加えた計十五か国。


畿内から東方沿岸を関東地方まで結ぶ道路。鎌倉時代以後、京都・鎌倉間の主街道となる。江戸時代には「五街道(ごかいだう)」の一つとして、江戸日本橋を起点に五十三次を経て京都三条大橋に至る経路となった。◆「東海」とも。









東海道のページへのリンク
「東海道」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

東海道のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




東海道のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS