古語:

柳亭種彦の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

柳亭種彦

分類人名


(一七八三~一八四二)江戸時代後期の読本(よみほん)・草双紙(くさぞうし)作者。江戸の人。姓は高屋、名は知久(ともひさ)。幕臣。初めは読本を書いたが、後に歌舞伎(かぶき)趣味豊かな草双紙に力を注いだ。合巻(ごうかん)『偐紫(にせむらさき)田舎源氏』『邯鄲(かんたん)諸国物語』のほか滑稽(こつけい)本・人情本などがある。



柳亭種彦

⇒柳亭種彦(りうていたねひこ)









柳亭種彦のページへのリンク
「柳亭種彦」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

柳亭種彦のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




柳亭種彦のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS