古語:

様がましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やう-がま・し 【様がまし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


何かわけがありそうだ。


出典一言芳談 


「させる事もなかりける事をやうがましく思ひけるなり」


[訳] たいしたこともなかったことを何かわけがありそうに思ったのである。


めんどうだ。注文が多い。条件がむずかしい。


出典呂蓮 狂言


「さてさて、こなたは名にやうがましい人でござる」


[訳] それにしてもあなたは名前に注文が多い人でございます。◇「やうがましい」はイ音便。◆「がまし」は接尾語。








様がましのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

様がましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




様がましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS