古語:

比翼の鳥の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひよく-の-とり 【比翼の鳥】

分類連語


雌雄ともに目・翼が一つずつで、雌雄がいつも一体となって飛ぶという、中国の想像上の鳥。契りが深くて仲むつまじい男女をたとえていう。


参考

「連理(れんり)の枝(えだ)」とともに、白居易(はくきよい)の詩『長恨歌(ちようごんか)』の一節「天に在(あ)らば、願はくは比翼の鳥と作(な)り、地に在らば願はくは連理の枝と為(な)らん」による。『長恨歌』は古くから人々に親しまれ、この一節に基づく表現も、『源氏物語』の中で帝(みかど)に桐壺更衣(きりつぼのこうい)への契りの言葉として「羽を並べ、枝を交はさむ」と言わせたのをはじめとして、しばしば用いられている。「比翼連理(ひよくれんり)」も同様の表現。









比翼の鳥のページへのリンク
「比翼の鳥」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

比翼の鳥のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




比翼の鳥のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2016 Printed in Japan

©2016 Weblio RSS