古語:

気の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

き 【気】

名詞

(万物を生育させるという)精気。


空気。大気。また、季節・風雨・寒暑などの気配や、雲・霧など。


出典徒然草 一五五


「春はやがて夏のきをもよほし」


[訳] (春が終わって夏が来るのではなく)春はそのまま夏の気配を誘い出し。


活力。生気。気力。気勢。


出典平家物語 三・大臣流罪


「花、芬馥(ふんぷく)のきを含み」


[訳] 花は芳香の生気をただよわせ。


気持ち。気分。


出典笈の小文 俳文・芭蕉


「時々きを転じ、日々に情(じやう)を改む」


[訳] その時その時に応じて気分を変え、その日その日に応じて心持ちを新たにする。


心の働き。意識。



け 【気】

名詞

気分。心地。


出典源氏物語 夕顔


「恐ろしきけもおぼえず」


[訳] (夕顔の死体を見ても源氏には)恐ろしい心地も感じられず。


ようす。気配。


出典源氏物語 空蟬


「なほ静かなるけを添へばや」


[訳] もう少し静かなようすを添えたい。



け- 【気】

接頭語

〔動詞・形容詞に付いて〕…ように感じられる。何となく…だ。「けおさる」「けおそろし」









気のページへのリンク
「気」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

気のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




気のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS