古語:

気色覚ゆの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

けしき-おぼ・ゆ 【気色覚ゆ】

分類連語


不気味さを感じる。奇妙だと思う。


出典大鏡 道長上


「かく人がちなるにだにけしきおぼゆ」


[訳] このように人が数多くいる所でさえも(今夜は)不気味さを感じる。


興趣深く感じられる。おもしろいと思う。


出典徒然草 一四


「言葉の外に、あはれにけしきおぼゆるはなし」


[訳] (このごろの歌は)言外に、しみじみと深く興趣の感じられるものはない。


なりたち

名詞「けしき」+動詞「おぼゆ」








気色覚ゆのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

気色覚ゆのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




気色覚ゆのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS