古語:

氷の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひ 【氷】

名詞

こおり。夏用に氷室(ひむろ)に貯蔵した。


雹(ひよう)。氷雨(ひさめ)。


出典源氏物語 明石


「地の底通るばかりのひ降り」


[訳] 地の底まで通るほどのひょうが降り。



つらら 【氷・氷柱】

名詞

(平らに張っている)氷(こおり)。


出典源氏物語 末摘花


「朝日さす軒の垂氷(たるひ)は解けながらなどかつららのむすぼほるらむ」


[訳] 朝日がさしている軒のつららは解けているのにどうして氷が張っているのだろうか。


柱状に垂れ下がる氷(こおり)。つらら。[季語] 冬。


語の歴史

今日いう「つらら」のことを古くは「たるひ(垂氷)」といい、それを「つらら」というようになったのは近世に入ってからである。



こおり 【氷・郡】

⇒こほり



こほり 【氷】

名詞

氷。凍ること。


「氷襲(こほりがさね)」の略。









氷のページへのリンク
「氷」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

氷のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




氷のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS