古語:

治すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じす 【治す】

⇒ぢす



ぢ-・す 【治す】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


(病気が)なおる。


出典風来六部集 


「ぢする病も療(なほ)し得ず」


[訳] なおる病気もなおせず。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


(病気を)なおす。治療する。


出典栄花物語 玉の村菊


「目をいみじう煩ひ給(たま)ひて、よろづぢし尽くさせ給ひけれど」


[訳] 目をひどくわずらいなさって、あらゆる手段で治療し尽くしなさったけれど。


治める。平定する。


出典平家物語 九・樋口被討罰


「漸々(やうやう)に敵(かたき)を滅ぼして、天下をぢする事を得たりき」


[訳] やっと敵を滅ぼして、天下を治めることができた。









治すのページへのリンク
「治す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

治すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




治すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS