古語:

漂泊の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひょうはく 【漂泊】

⇒へうはく



へう-はく 【漂泊】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

流れただようこと。漂流すること。


出典太平記 一一


「時直(ときなほ)わづかに五十余人になつて、柳浦(やなぎがうら)の浪(なみ)にへうはくす」


[訳] 時直はわずかに(兵が)五十余人になって、柳浦(=今の福岡県北九州市にあった地名)の海の波にただよっていた。


(居所を定めず)さまよい歩くこと。


出典奥の細道 出発まで


「片雲の風にさそはれて、へうはくの思ひやまず」


[訳] ちぎれ雲が風に流されるように(私も)居所を定めずにさまよいたいという気持ちが抑えられず。









漂泊のページへのリンク
「漂泊」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

漂泊のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




漂泊のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS