古語:

澪標の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みおつくし 【澪標】

⇒みをつくし



みを-つ-くし 【澪標】

名詞

往来する舟のために水路の目印として立ててある杭(くい)。


出典土佐日記 二・六


「みをつくしのもとより出(い)でて、難波(なには)に着きて」


[訳] みをつくしのところから船出して、難波に着いて。


参考

「水脈(みを)つ串(くし)」の意。「つ」は「の」の意の古い格助詞。難波の淀(よど)川河口のものが有名。昔、淀川の河口は非常に広がっていて浅く、船の航行に難渋したことから澪標が設けられた。歌では、「わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしても逢(あ)はむとぞ思ふ」(『後撰和歌集』)〈⇒わびぬればいまはたおなじ…。〉のように、「身を尽くし」にかけ、また、「難波」と呼応して詠まれることが多い。









澪標のページへのリンク
「澪標」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

澪標のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




澪標のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS