古語:

濁りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にごり 【濁り】

名詞

よごれ。けがれ。


出典古今集 夏


「蓮葉(はちすば)のにごりに染(し)まぬ心もてなにかは露を玉と欺く」


[訳] ⇒はちすばの…。


心が潔白でないこと。後ろ暗いこと。


出典源氏物語 須磨


「にごりなき心に任せて、つれなく過ぐし侍(はべ)らむも」


[訳] 後ろ暗さのない心に任せて、平気な顔で過ごしましたとしても。


仏道修行の妨げとなる欲望。煩悩。


出典徒然草 一七


「心のにごりも清まる心地(ここち)すれ」


[訳] 心の煩悩も清らかになる気持ちがする。









濁りのページへのリンク
「濁り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

濁りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




濁りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS