古語:

濁りに染むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 濁りに染むの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

にごり-に-し・む 【濁りに染む】

分類連語


俗世の濁りに染まる。


出典源氏物語 帚木


「にごりにしめるほどよりも、なまうかびにては、かへりてあしき道にもただよひぬべくぞおぼゆる」


[訳] 俗世の濁りに染まっている(在俗の)時よりも、なま悟りでは、かえって悪道(=地獄、餓鬼、畜生の三悪道)にもさまようことになるだろうと思われる。








濁りに染むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

濁りに染むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




濁りに染むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS