古語:

瀬の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せ 【瀬】

名詞

川や海の浅くなっている所。また浅くて流れのはやい所にもいう。瀬。浅瀬。


出典詞花集 恋上


「せを早み岩にせかるる滝川(たきがは)のわれても末に逢(あ)はむとぞ思ふ」


[訳] ⇒せをはやみ…。[反対語] 淵(ふち)。


物事に出合う時。場所。折。機会。


出典平家物語 三・足摺


「よき様(やう)に申す事もあらんずらんと頼みをかけ、そのせに身をも投げざりける心の程こそはかなけれ」


[訳] 都合のよいように申し上げることもあるだろうと期待もかけ、その折に身を投げもしなかったという気持ちの持ちようもつまらないことであった。


(その)点。(その)節(ふし)。(その)こと。▽形式名詞的に用いる。


出典源氏物語 葵


「うれしきせもまじりて」


[訳] (悲しみの中にも)うれしい点もまじって。


注意

は対語の「淵(=水のよどんだ深くなった所)」とともに覚えておこう。









瀬のページへのリンク
「瀬」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

瀬のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




瀬のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS