古語:

無興の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぶ-きょう 【無興・不興】

名詞※「す」が付いて自動詞(サ行変格活用)になる

興がさめること。不愉快。


出典曾我物語 五


「袂(たもと)はしをれ裾(すそ)はぬれ…ぶきょうといふもあまりあり」


[訳] (にわか雨のために)袂はしぼみ裾はぬれて、…興がさめることといっても言い尽くせない。


機嫌を損なうこと。不機嫌。


出典心中天網島 浄瑠・近松


「至極(しごく)堅手(かたで)の侍、大きにぶきょうし」


[訳] すごく実直な侍が、大いに不機嫌になって。◆後に「ふきょう(不興)」とも。








無興のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

無興のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




無興のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS