古語:

照覧の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せう-らん 【照覧・昭覧】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

神仏がご覧になること。


出典平家物語 二・一行阿闍梨之沙汰


「両所山王(りやうじよさんわう)、定めてせうらんし給(たま)ふらん」


[訳] (比叡山(ひえいざん)の)大宮(=釈迦(しやか))・二宮(=薬師如来)・聖真子(=弥陀(みだ)如来)(の神々)も、きっとご覧になっていなさるだろう。









照覧のページへのリンク
「照覧」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

照覧のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




照覧のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS