古語:

猶猶の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なほ-なほ 【猶猶・尚尚】

[一]副詞

それでもやはり。


出典落窪物語 二


「なほなほな憎ませ給(たま)ひそ」


[訳] それでもやはりお憎みなさるな。


いよいよ。ますます。


出典狭衣物語 二


「なほなほいかなりし事ぞとおぼつかなくゆかしきに」


[訳] いよいよどういうことかと気がかりで知りたいので。


[二]感動詞

ぜひぜひ。さあさあ。▽相手を促すときに発する語。


出典源氏物語 夕霧


「山の方(かた)を眺めて、『なほなほ』とせちにのたまへば」


[訳] 山の方を眺めて、「ぜひどうぞ」と熱心におっしゃるので。








猶猶のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

猶猶のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




猶猶のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS