古語:

申さくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まうさ-く 【申さく】

申すことには。▽「言はく」の謙譲語。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「をのこども、仰せのことを承りてまうさく」


[訳] 家来たちが、(主人の)ご命令をお聞きして申すことには。◆派生語。


参考

上代には「まをさく」であったが、後に「まうさく」に変化した。


なりたち

動詞「まうす」の未然形+接尾語「く」



まをさ-く 【申さく・白さく】

「まうさく」に同じ。


出典万葉集 三八四〇


「寺々の女餓鬼(めがき)まをさく」


[訳] 寺々の女の餓鬼(の像)が申すことには。◆派生語。


参考

「まうさく」の古い形。中古以降「まうさく」に変化した。


なりたち

動詞「まをす」の未然形+接尾語「く」



もうさく 【申さく】

⇒まうさく








申さくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

申さくのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




申さくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS