古語:

番ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つが-・ふ 【番ふ】

[一]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


(二つのものが)組になる。対(つい)になる。


出典紫式部日記 寛弘五・一一・一


「つがひし鴛鴦(をし)ぞ夜半(よは)に恋しき」


[訳] 対になったおしどりが、夜中には恋しかった。


[二]他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


(二つのものを)組み合わせる。対(つい)にする。


出典大鏡 時平


「御前つがひ給(たま)はず」


[訳] お先駆けを対になさらず。


(矢を)つがえる。


出典平家物語 一一・那須与一


「鏑(かぶら)をとってつがひ、よっぴいてひゃうど放つ」


[訳] 鏑矢を取って弓につがえ、十分に引きしぼってひゅうっと放つ。


固く約束する。


出典女殺油地獄 浄瑠・近松


「今日暮れてから渡さうと、詞(ことば)つがうた」


[訳] 今日、日が暮れてから渡そうと、言葉で約束した。◇「つがう」はウ音便。








番ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

番ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




番ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS