古語:

異しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

け・し 【異し・怪し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


あってはならない。異様だ。好ましくない。


出典万葉集 三五八八


「しかれどもけしき心を我(あ)が思(も)はなくに」


[訳] それでも恋人に対してあってはならない心を私はもったりしないことだ。


不審だ。変だ。


出典伊勢物語 二一


「この女かく書きおきたるを、けしう」


[訳] この妻がこう(歌を)書き置いたのを(男は)不審に思って。◇「けしう」はウ音便。


参考

悪い方に際立っているようすを表す。中古以降は「けしからず」「けしうはあらず」の形で、「まあまあだ」「わるくはない」の意味に用いられることがほとんどである。









異しのページへのリンク
「異し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

異しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




異しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS