古語:

痴がましの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おこがまし 【痴がまし】

⇒をこがまし



をこ-がま・し 【痴がまし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


ばかげている。みっともない。▽いかにも愚かに見え、笑いものになりそうなようす。


出典徒然草 七三


「世俗の虚言(そらごと)をねんごろに信じたるも、をこがましく」


[訳] 世間のうそを正直に信じているのも、ばかげていて。


出過ぎている。さしでがましい。


出典更級日記 鏡のかげ


「老い衰へて世に出(い)で交じらひしはをこがましく見えしかば」


[訳] 年をとり弱って世間に出て交際することは、さしでがましく見えたので。◆「がまし」は接尾語。








痴がましのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

痴がましのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




痴がましのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS