古語:

発句の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ほ-く 【発句】

名詞

「ほっく」に同じ。



ほっ-く 【発句】

名詞

詩歌の第一句。起句。


連歌(れんが)・俳諧(はいかい)の最初の五・七・五の句。「ほく」とも。[反対語] 挙(あ)げ句。


が独立して、一つの短詩となったもの。俳句。「ほく」とも。⇒発句(ほつく)


分類文芸



発句

分類文芸


連歌(れんが)・俳諧(はいかい)で、第一句めの、五・七・五の十七音の句のこと。「挙句(あげく)」に対していう。脇句(わきく)(=第二句)以下に対して一句としての完結性が必要とされ、切れ字・季語を用いることになっている。発句は、室町時代中期から連歌で単独でも詠まれるようになり、俳諧ではさらにその傾向が強まった。「ほく」とも。⇒脇句









発句のページへのリンク
「発句」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

発句のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




発句のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS