古語:

直の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なお 【直・猶・尚】

⇒なほ



なほ 【直】

副詞

そのまま。何もしないで。


出典土佐日記 一・四


「かうやうに物持(も)て来る人に、なほしもえあらで」


[訳] このように贈り物を持って来る人に、(お返しもしないで)そのままにしてはおけないので。


何ということもなく。平凡に。


出典伊勢物語 三九


「天(あめ)の下の色好みの歌にてはなほぞありける」


[訳] 天下(に評判)の色事好きの人の歌としては平凡であったよ。



ひた- 【直】

接頭語

〔名詞に付いて〕


直接の、じかに、の意を表す。「ひた土(つち)」「ひた面(おもて)」。


まっすぐ、の意を表す。「ひた道」。


ひたすら、いちずに、の意を表す。「ひた心」「ひた走り」。


すべて、まったく、の意を表す。「ひた紅(くれなゐ)」「ひたさ麻(を)」。



ジキ 【直】

⇒ぢき



なほ 【直】

名詞

まっすぐであること。偽りのないこと。









直のページへのリンク
「直」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

直のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




直のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS