古語:

矢数の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

や-かず 【矢数】

名詞

矢の数。特に、射た矢の命中した数。


射手が競って矢を射て、的に当たった矢数を争うこと。特に、陰暦四、五月ごろ、京都の三十三間堂の裏縁で、日暮れから翌日の日暮れまでの一昼夜をかけて行われた大矢数が有名。[季語] 夏。


「矢数俳諧(はいかい)」の略。⇒矢数俳諧


分類文芸









矢数のページへのリンク
「矢数」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

矢数のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




矢数のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS