古語:

矢数俳諧の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

矢数俳諧

分類文芸


江戸時代初期に行われた俳諧興行の一つ。一日または一昼夜のうちに一人で詠んだ句数を競うもの。京都の三十三間堂で一昼夜かけて行われた、弓術の通し矢の大矢数(おおやかず)にならって行われた。延宝五年(一六七七)に井原西鶴(さいかく)が大坂の本覚寺で行った、千六百句の独吟が最初。興味本位のもので、文学的な価値は低く、急速に衰えた。大句数(おおくかず)。









矢数俳諧のページへのリンク
「矢数俳諧」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

矢数俳諧のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




矢数俳諧のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS