古語:

竜頭鷁首の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

りゅうとう-げきしゅ 【竜頭鷁首】

名詞

「りょうとうげきしゅ」に同じ。「りゅうどうげきしゅ」「りょうどうげきす」とも。



りょうとう-げきしゅ 【竜頭鷁首】

名詞

船首にそれぞれ竜の頭と鷁の首の彫り物を飾った、二隻一対(つい)の船。平安時代、貴族が園遊のときなどに池に浮かべて船遊びをしたり、船楽(ふながく)を奏するための船とした。「りゅうとうげきしゅ」「りゅうどうげきしゅ」「りょうどうげきす」とも。◆「鷁」は、鷺(さぎ)に似た、風を恐れずによく飛ぶという中国の想像上の水鳥の名。








竜頭鷁首のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

竜頭鷁首のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




竜頭鷁首のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS