古語:

素直なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

す-なほ・なり 【素直なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


ありのままだ。素朴だ。


出典古今集 仮名序


「ちはやぶる(=枕詞(まくらことば))神代には、歌の文字も定まらず、すなほにして」


[訳] 神の世には、歌の音数も(三十一文字とは)決まっておらず、素朴であって。


心がまっすぐだ。正直だ。


出典源氏物語 初音


「かく、いとすなほにしもあらぬものを」


[訳] (世間の男心は)このように、それほど正直ではないものなのに。


穏やかで逆らわない。従順だ。


出典源氏物語 若菜下


「帝(みかど)と聞こゆれど、ただすなほに公(おほやけ)ざまの心ばへばかりにて」


[訳] (夫が)帝だと申し上げても、ただ従順に、通り一ぺんの奉公の気持ちだけで(お仕えし)。








素直なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

素直なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




素直なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS