古語:

終にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ついに 【終に・遂に】

⇒つひに



つひ-に 【終に・遂に】

副詞

しまいに。最後に。


出典平家物語 一・祇園精舎


「たけき者もつひには滅びぬ、ひとへに風の前の塵(ちり)に同じ」


[訳] 勢いが盛んな者も最後には滅びてしまう、まったく風の前の塵と同じである。


〔多く下に打消の語を伴って〕最後まで。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「されど、つひに負け聞こえさせ給(たま)はずなりにけり」


[訳] しかし、(女御は)最後まで(帝(みかど)に)お負け申し上げにはなられなかった。


〔下に打消の語を伴って〕まだ一度も。いまだに。


出典末広がり 狂言


「つひに都へのぼったことがござらぬ」


[訳] まだ一度も都へ行ったことがありません。








終にのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

終にのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




終にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS