古語:

縁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

え 【縁】

名詞

「えん(縁)」に同じ。◆「えん」の撥音(はつおん)「ん」が表記されない形。



えに 【縁】

名詞

えん。ゆかり。


出典源氏物語 澪標


「ここまでもめぐり会ひけるえには深しな」


[訳] ここに来てまでもめぐりあった(私たちの)縁は深いのだなあ。


参考

「縁」の字音の「ン」を「に」と表記したもの。和歌では「江に」とかけて用いることが多い。



よす-が 【縁・因・便】

名詞

頼り。ゆかり。身や心を寄せる所。


出典枕草子 木の花は


「ほととぎすのよすがとさへおもへばにや」


[訳] (橘(たちばな)は)ほととぎすが身を寄せる所とまで思うからであろうか。


(頼りとする)縁者。夫・妻・子など。


出典方丈記 


「もとより妻子なければ、捨てがたきよすがもなし」


[訳] はじめから妻子がないので、(出家にあたって)捨てにくい縁者もない。


手がかり。手段。便宜。


出典徒然草 五八


「嵐(あらし)をふせぐよすがなくてはあられぬわざなれば」


[訳] 嵐を防ぐ手段がなくては生きていけないことなので。◆上代は「よすか」。



ゆかり 【縁】

名詞

かかわり。つながり。縁(えん)。関係するところ。


出典源氏物語 夕霧


「心づきなく恨めしかりける人のゆかりと思し知りて」


[訳] (落葉の宮は、何もかもあの)どうしても気にくわない恨めしいお人(=夕霧)の関係するところとお知りになって。


血縁。縁者。縁故。


出典源氏物語 須磨


「国の内は、守(かみ)のゆかりのみこそ、かしこきことにすめれど」


[訳] 国内では、国守の縁者だけがえらい者としてあがめられているようだが。



えに-し 【縁】

名詞

えん。ゆかり。◆名詞「縁(えに)」に強意の副助詞がついて一語化したもの。



えん 【縁】

名詞

因縁(いんねん)。因(=直接の原因)を助けて果(=結果)を生じさせる、間接の原因。◇仏教語。


手づる。縁故。


出典源氏物語 宿木


「えんを尋ねつつ」


[訳] 手づるを求めては。


(物ごとの)結びつき。つながり。特に、親子・夫婦・主従など、人と人との結びつき。


出典平家物語 二・少将乞請


「わが子のえんに結ぼほれざらむには、これほど心をばくだかじものを」


[訳] わが子との結びつきに束縛されなければ、これほどまでに心を痛めなくてよかったものを。⇒え(縁)・えに・えにし



えん 【縁・椽】

名詞

家屋の外縁の、板敷きの部分。寝殿造りでは、母屋(もや)の廂(ひさし)を取り囲む形で、柱の外側に付けられる。









縁のページへのリンク
「縁」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

縁のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




縁のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS