古語:

聖人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃう-にん 【聖人・上人】

名詞

知徳を兼ね備え、修行を積んだ、すぐれた僧。高僧。


出典今昔物語集 六・三


「南天竺(なんてんぢく)に達磨和尚(だるまわじやう)といふしゃうにんましましけり」


[訳] 南インドに達磨和尚という高僧がいらっしゃった。


「僧」の尊敬語。


出典徒然草 一七九


「入宋(につそう)の沙門(しやもん)、道眼(だうげん)しゃうにん、一切経(いつさいきやう)を持来(ぢらい)して」


[訳] 宋に渡った僧の道眼上人は、一切経を持って来て。◆仏教語。



せい-じん 【聖人】

名詞

知徳にすぐれ、万人に師と仰がれる人。


(濁り酒を賢人というのに対して)清酒の別名。









聖人のページへのリンク
「聖人」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

聖人のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




聖人のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS