古語:

腹の意味

辞書総合TOP

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はら 【腹】

名詞

おなか。


その女性から生まれたこと。また、その子。


出典源氏物語 桐壺


「一の御子(みこ)は、右大臣の女御(にようご)の御はらにて」


[訳] 第一皇子は、右大臣の娘である女御がお生みになった方で。


血筋。同じ血筋の者。


出典源氏物語 薄雲


「親王(みこ)たち・大臣(おとど)の御はらといへど」


[訳] 親王方・大臣のお血筋というが。


心中。心底。考え。


出典伊勢物語 四四


「この歌はあるが中におもしろければ、…はらにあぢはひて」


[訳] この歌はたくさんある中でも特におもしろいので、…心底味わって。









腹のページへのリンク
「腹」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

腹のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




腹のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2014 Printed in Japan

©2014 Weblio RSS