古語:

良くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よく 【良く・善く・能く】

副詞

十分に。念入りに。詳しく。


出典竹取物語 御門の求婚


「よく見てまゐるべき由(よし)のたまはせつるになむ」


[訳] 念入りに見てくるようにとの意向をおっしゃられたので。


巧みに。上手に。うまく。


出典宇治拾遺 一三・九


「木登りよくする法師」


[訳] 木登りを上手にする法師。


少しの間違いもなく。そっくり。


出典万葉集 一二八


「わが聞きし耳によく似る葦(あし)のうれの足痛(ひ)くわが背」


[訳] 私が聞いたうわさにそっくり似ている、葦の葉先のように足の弱々しいわが夫よ。


甚だしく。たいそう。


出典今昔物語集 二七・四一


「よく病みたる者の気色(けしき)にて」


[訳] 甚だしく病んでいる人のようすで。


よくぞ。よくも。よくもまあ。▽並々でない事を成しとげたとき、また、成しとげられなかったときに、その行為の評価に用いる。


出典竹取物語 竜の頸の玉


「よく捕らへずなりにけり」


[訳] よくもつかまえなかったものだ。


たびたび。ともすれば。


出典浮世床 滑稽


「てめえ、よくすてきと言ふぜ」


[訳] おまえは、たびたびすてきだと言うぜ。









良くのページへのリンク
「良く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

良くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




良くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS