古語:

若干の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

そく-ばく 【若干・許多】

副詞

「そこばく」に同じ。



そこ-ば 【若干・許多】

副詞

たいそう。たくさん。


出典万葉集 三九八五


「神柄(かむから)やそこば貴き」


[訳] 神の品格のせいか、たいそう貴く。◆「ば」は接尾語。



そこば-く 【若干・許多】

副詞

たくさん。▽数量の多いさま。


出典伊勢物語 七七


「そこばくの捧(ささ)げ物を木の枝につけて」


[訳] たくさんの贈り物を木の枝につけて。


たいそう。ひどく。▽程度のはなはだしいさま。


出典狭衣物語 三


「そこばく広き大路、ゆすり満ちて」


[訳] たいそう広い大通りに(見物人たちが)ざわめいて。


若干。いくらか。


出典宇津保物語 吹上下


「そこばく選ばれたる人々に劣らず、ご覧ぜらる」


[訳] (涼(すずし)は)何人か選ばれた人々にも劣らないと、(院は)ご覧になる。◆「そくばく」とも。









若干のページへのリンク
「若干」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

若干のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




若干のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS