古語:

菩提の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぼだい 【菩提】

名詞

煩悩を断って入る悟りの境地。また、悟りの境地に入ること。


出典大鏡 後一条


「講師(かうじ)の説法は、ぼだいのためと思(おぼ)し」


[訳] 講師の説法は、悟りの境地に入ることのためとお考えになって。


死後、極楽浄土に生まれかわること。極楽往生。成仏(じようぶつ)。死後の冥福(めいふく)。


出典蜻蛉日記 中


「とくしなさせ給(たま)ひて、ぼだいかなへ給へ」


[訳] (私を)早く出家させくださって、極楽往生をかなえてください。◆仏教語。









菩提のページへのリンク
「菩提」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

菩提のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




菩提のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS