古語:

萎るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しを・る 【萎る】

[一]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


草木などがしおれる。


出典犬子集 俳諧


「しをるるは何かあんずの花の色―貞徳」


[訳] 可憐(かれん)なあんずの花がしおれている。その悲しんでいるようなようすは、いったい何を案じているのだろうか。


悲しみにうちひしがれる。しょんぼりする。


出典源氏物語 若菜下


「嘆きしをれ給(たま)へるころほひにて」


[訳] 悲しみ、しょんぼりしなさっている時なので。


ひどくぬれる。ぬれてぐったりする。


出典新古今集 恋二


「幾夜われ波にしをれて」


[訳] 幾夜、私は波にひどくぬれて。


[二]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


草木などをしおれさせる。


出典増鏡 新島守


「木枯しの隠岐(おき)の杣山(そまやま)吹きしをり」


[訳] 木枯しが隠岐の島の木の茂った山を吹きしおれさせ。



しおる 【枝折る・栞る・責る・萎る】

⇒しをる









萎るのページへのリンク
「萎る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

萎るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




萎るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS