古語:

藻塩の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

も-しほ 【藻塩】

名詞

海藻から採る塩。海水をかけて塩分を多く含ませた海藻を焼き、その灰を水に溶かしてできた上澄みを釜(かま)で煮つめて採る。


藻塩を製するための海水。


出典新古今集 雑上


「もしほ汲(く)む袖(そで)の月影おのづからよそにあかさぬ須磨(すま)の浦人」


[訳] 藻塩をくむぬれた袖に映る月影、そのために自然に月を賞でずには夜を明かすことのない須磨の浦の海人(あま)よ。









藻塩のページへのリンク
「藻塩」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

藻塩のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




藻塩のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS