古語:

虫の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むし 【虫】

名詞

虫。昆虫をはじめとして、くも・蛇・とかげなどを含めていう。


特に、美しい鳴き声を楽しむ、秋に鳴く虫。[季語] 秋。


出典源氏物語 桐壺


「風の音(おと)、むしの音(ね)につけても、もののみ悲しう思(おぼ)さるるに」


[訳] 風の音、美しく鳴く虫の音を聞くにつけても、ただわけもなくもの悲しくお思いになるのに。


心の底の感情。腹の虫。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「忠兵衛(ちゆうべゑ)、元来悪いむし押さへかねて」


[訳] 忠兵衛は、もとから悪い腹の虫を押さえられないで。









虫のページへのリンク
「虫」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

虫のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




虫のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS