古語:

行の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぎゃう 【行】

名詞

悟りに到達するための修行。浄土教では、称名(しようみよう)念仏をいう。◇仏教語。


律令制で、位階と官職を並記するとき、位階が官職よりも高い場合に、位階と官職との間に置く語。


出典大鏡 道長上


「従(じゆ)四位上行摂津守(せつつのかみ)右京大夫(うきやうのだいぶ)」


。[反対語] 守(しゆ)。


漢字の書体の一つ。行書(ぎようしよ)。



ギョウ 【行・刑】

⇒ぎゃう



くだり 【行】

名詞

文章の行(ぎよう)。また、文章の内容。


出典源氏物語 常夏


「くだりの程、端(はし)ざまに筋かひて、倒れぬべく見ゆるを」


[訳] 行の具合は、端の方に斜めになって、倒れてしまいそうに見えるのを。



-くだり 【行】

接尾語

…行(ぎよう)。▽文章の行(ぎよう)を数える。「三(み)くだり」



コウ 【亢・好・行・考・更・幸・庚・香・剛・高・講・江・降】

⇒かう









行のページへのリンク
「行」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

行のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




行のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS