古語:

衣の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きぬ 【衣】

名詞

衣服。着物。


出典枕草子 にくきもの


「きぬの下にをどりありきてもたぐるやうにする」


[訳] (蚤(のみ)が)着物の下で飛び跳ねまわって、(着物を)持ち上げるようにする(のはにくらしい)。


参考

上代、衣服をいう語に「きぬ」「ころも」があり、「きぬ」は上半身にまとうものが中心。中古以降は「きぬ」が一般的になり、「ころも」は僧衣に限られ、衣服の意味での「ころも」は歌語にのみ用いられた。



ころも 【衣】

名詞

衣服。


出典万葉集 二八


「春過ぎて夏来たるらし白栲(しろたへ)のころも干(ほ)したり天(あま)の香具山(かぐやま)」


[訳] ⇒はるすぎてなつきたるらし…。


僧の着る衣服。僧衣。


参考

平安時代以後、は歌語としてだけ用いられ、衣服一般には「きぬ(衣)」、その尊敬語には「おんぞ(御衣)」を使った。物語の地の文などで「ころも」と読むのは、もっぱらの意味である。



そ 【衣】

名詞

ころも。着物。◆ふつう貴人の衣服にいい、また、多く「みぞ(御衣)」「おんぞ(御衣)」「おほんぞ(御衣)」の形で用いる。









衣のページへのリンク
「衣」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

衣のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




衣のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS