古語:

見置くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-お・く 【見置く】

他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


あとに残しておく。見捨てる。


出典枕草子 御乳母の大輔の命婦


「さる君をみおき奉りてこそ、え行くまじけれ」


[訳] こうした御方をお見捨て申し上げては、とても行くことはできない。


ようすなどを見ておく。見定めておく。


出典源氏物語 須磨


「少納言をはかばかしき者にみおき給(たま)へれば」


[訳] (源氏は)少納言を頼りになる人として見定めておきなさったので。


前もって方法を講じておく。とりはからっておく。


出典更級日記 夫の死


「幼き人々を、いかにもいかにもわがあらむ世にみおくこともがな」


[訳] 幼い子供たち(の行く末)を、なんとしても私の生きている間にとりはからっておくことができたらなあ。








見置くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

見置くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




見置くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS