古語:

誦すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

じゅ-・す 【誦す】

他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


(詩歌・経文などを)声を出して唱える。口ずさむ。「ずす」「ずず」「ずうず」「ずんず」とも。


出典枕草子 故殿の御ために


「酒飲み、詩じゅしなどするに」


[訳] 酒を飲み、詩を口ずさみなどするうちに。



ず-・す 【誦す】

他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


「じゅす」に同じ。「ずず」「ずうず」「ずんず」とも。


出典枕草子 五月ばかり、月もなう


「『種(う)ゑてこの君と称す』とずして」


[訳] 「うえてこの君と称す(=竹を植えてこの君と名付ける)」と(漢詩の一節を)朗唱して。









誦すのページへのリンク
「誦す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

誦すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




誦すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS