古語:

誦ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ずう-・ず 【誦ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


「じゅす」に同じ。「ずず」「ずんず」とも。


出典枕草子 故殿の御服のころ


「詩をいとをかしうずうじ侍(はべ)るものを」


[訳] 漢詩をたいそう上手に声を出して唱えておりますのに。



ず-・ず 【誦ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


「じゅす」に同じ。「ずす」「ずうず」「ずんず」とも。


出典伊勢物語 八二


「親王(みこ)、歌を返す返すずじ給(たま)うて」


[訳] 親王は、歌を繰り返し朗唱しなさって。



ずん-・ず 【誦ず】

他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


「じゅす」に同じ。「ずうず」とも。


出典源氏物語 須磨


「『二千里の外(ほか)故人の心』とずんじ給(たま)へる」


[訳] 「二千里も遠く離れた旧友の心を思う」と声に出して唱えなさる。◆「ず(誦)ず」の変化した語。









誦ずのページへのリンク
「誦ず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

誦ずのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




誦ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS