古語:

講の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かう 【講】

名詞

仏典の内容について講義する集会。また、信者が集まって行う法会(ほうえ)。


参詣(さんけい)や寄進などを目的とする信者団体。「伊勢(いせ)かう」。


金銭を貯蓄し、融通し合うための組合。



コウ 【亢・好・行・考・更・幸・庚・香・剛・高・講・江・降】

⇒かう









講のページへのリンク
「講」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

講のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




講のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS