古語:

謡曲の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

謡曲

分類文芸


能の詞章。演劇である能の脚本に相当する。詞章はせりふと地の文とから構成され、その文章は古歌・古詩などを引用し、縁語・掛け詞(ことば)・枕詞(まくらことば)・序詞などの修辞を駆使した、流麗優美な和文体である。多くは観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)・金春禅竹(こんぱるぜんちく)などによって作られた。謡曲は能から切り離されて単独でも謡われ、江戸時代には広く愛好された。









謡曲のページへのリンク
「謡曲」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

謡曲のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




謡曲のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS